★ 会社概要

Company Profile



●事業内容


たつの市は、兵庫県の西南部の西播磨地域に位置しており、南北に長い地形になっています。市域の北側は山地が広がり、南は瀬戸内海に面し、南北に貫く形で揖保川が流れており、自然環境に恵まれた地域になっています。武家屋敷や町屋が多く残る、脇坂藩5万3千石の城下町地区は、歴史的町並みを形成し「播磨の小京都」として親しまれています。

 

たつの市新宮町笹野地区(下笹・上笹2区)は、新宮町の北部で揖保川の東岸、中国山地と山陽道のちょうど中間に位置する平坦な水田農業地帯である。灌漑用水は揖保川水系がほとんどで水量も豊富であることから、昔から水稲を中心に栽培されているが、1戸あたり平均耕作面積は30aと小さくほとんどが二種兼業農家のため、農業者の高齢化や後継者不足が深刻な問題となっていた。

そのため、平成9年から集落の今後の発展方向について話し合いが始まり、平成9年6月にほ場整備協議委員会、平成12年9月にほ場整備準備委員会を立ち上げ、集落営農部会を組織化した。その結果H14年4月に「みんな仲良く地域とともに立ちゆく組織」をスローガンに掲げ、二集落一農場方式を目指すささ営農組合を、設立。その後、米、麦、大豆、とうもろこし、バジルと作物の生産展開も進みH18年度に自らの地域の農業をさらに維持発展してゆく手段として「法人」を選択。株式会社 ささ営農として新たに歩み始めた。

 


● 沿革


●スローガン


●企業理念